まぁ始めましたというのは以前ハルヒシリーズは読んだことあるから正確には初じゃないんだけども
これから本格的に読み始めようかと、”秋”だしねw
ということでラノベ復帰第1弾目はこの前紹介したこの本
僕は友達が少ない (MF文庫J)僕は友達が少ない (MF文庫J)
著者:平坂 読
メディアファクトリー(2009-08-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
まぁこれを読みたいとおもった理由は多々あるんだけど
順に説明していこう

まずひとつめ
“表紙の絵が可愛い(特に2巻)”
ラノベを絵で判断かよ!っておもうかもしれんw
でもこちらの”柏崎星奈”のイラストをみてほしい
マジ可愛すぎでしょうw
金髪でお嬢様でスタイル抜群とかもうね
上のサイトのflashでの星奈とかもうヤバすぎ…
まぁひとつめはこんなところ

そしてふたつめ
“巻数が少ない”
この”僕は友達が少ない”シリーズは今現在で4巻
やっぱね、10数巻とかでてるのをいまさら読もうと思ってもキツイのだよ…
こち亀とかいまさら全巻買おうなんて人いないでしょう?
まぁこち亀は多すぎだが
ラノベはマンガと違って読むのに多少時間かかるし
そう考えると4巻という数字は多くもなく少なくもなくチョウドイイ

続いてみっつめ
“タイトルに共感してしまった”
実際おれは友達が少ない
まったくいないワケではないが、気の合う友達なんて片手で数えれるくらいだ
というか他人が嫌いだw
まぁこの話すると長くなるのでここまでにしておくが
帯の著者の欄をみると、どうやら著者も友達が少ないようだ
そんな人が書く作品ならけっこう共感できるんじゃないかと

まぁこんなとこかなー
いま50ページくらい読んだけどけっこう面白そうではある
ということで読書再開しよーかな

あ、あと西尾維新の物語シリーズも全巻買いましたw
全部買ったら1万円したよーな気がするけど気のせい